産後の骨盤矯正の方法

出産は女性にとって、重要なことです。10カ月間を掛けて女性の体形は激変します。そして、出産時には短い時間で骨盤の形を変えて子供を産みます。その為、産後も体型や骨盤の位置はすぐには治りません。大体3カ月~4カ月程の時間をかけて、徐々に元の位置に戻って行きます。しかし、その間やその期間を過ぎてから、腰の痛みや歩行がしにくくなったと感じている女性も多くいます。その理由は骨盤が元の位置に戻っていないからです。そのような人たちにおススメなのが、骨盤矯正を行う事です。たとえば、骨盤ベルトを装着して、骨盤を元の位置に戻す手助けを行う事が出来ます。ほかにも、ヨガなどの体操を行うことで、筋肉がつき骨盤を支える力を取り戻す事が出来ます。このように自分の力で出来ない場合は、整体やマッサージでプロの手によってサポートしてもらうという方法もあります。

産後の骨盤矯正の重要性

出産は女性の体型を変えてしまう可能性があります。妊娠すると、10か月をかけてお腹が大きくなっていきます。しかし、それだけではありません。出産がしやすいように骨盤が少しずつ動いて行きますし、出産時には短い時間で骨盤が開きます。そして、産後の3か月から4か月の時間を掛けて、少しずつ骨盤が元の位置へと戻っていくと言われています。もし、骨盤が元の位置に戻らなかった場合は、太りやすくなったり、むきみや冷え性体質になる場合はあります。また、腰痛になったりして、普段の生活でも辛さを感じる場合もあります。そのようにならないため、産後に骨盤矯正を行う人が多いです。たとえば、市販の骨盤ベルトを着用したり、運動や整体に通うなど、方法は多くあります。自分の生活スタイルなどに合わせて、正しい骨盤矯正を行えば産後もスタイルをキープすることが出来ます。

産後の骨盤矯正を行うタイミング

出産は女性の体型を大きく変化させます。それは、お腹と胸が大きくなるというだけではありません。実は骨盤も位置を大きく変化させています。妊娠中は時間を掛けて徐々に骨盤が開いてきます。そして、出産時には赤ちゃんが産道を通って、生まれてきますので、骨盤は大きく開きます。産後には4カ月ほどの時間を掛けて、ゆっくりと元の位置に戻っていくと言われています。一般的にも産後には骨盤矯正を行う事が知れていますので、多く人がそれぞれの方法で行っています。骨盤矯正を行う時期は、出産後2カ月以降が良いと入れています。その理由は、出産後1カ月は悪露が出たり、子宮が元の位置に戻りきっていない可能性あります。その時期に、無理に矯正を行うと、悪露がすべて出切らない場合があるので、ゆっくり体を休める事が良いとされているからです。