産後の骨盤矯正にヨガがあります

産後の骨盤矯正といえば、整体に行ったりカイロプラクティックに行って施術をしてもらうことが一番考えられます。これはこれでとても良い方法です。ですがそれ以外にも骨盤矯正に効果があることがあります。それがヨガです。ヨガでも産後の骨盤矯正は出来ます。産後一ヶ月からヨガをすることが出来ます。でも帝王切開で出産した人は体に大きな傷があるので、産後2ヶ月は過ぎてからの方がいいです。自分の体の様子を見ながら、開始する時期を決めるといいでしょう。自分でわからなければ、産後一ヶ月検診の時にでも病院の先生に聞いてみるといいです。一ヶ月検診の様子を見て、先生が判断してくれるでしょう。ヨガをしている間は赤ちゃんも一緒に連れて行けるところもあります。実家が近くにあるなら、実家に赤ちゃんを預けて行くのもいいですね。少し離れるのも気分転換になります。

知っておきたい産後の骨盤矯正の重要性

最近の小さい子を抱えたママたちってすらっとしていてスタイルがいいですよね。そんなママたちを見て、「自分は産後体型を元に戻せるだろうか。」と心配したり、「産後、全然体重がもとに戻らない。」と焦っている方もいらっしゃるでしょう。産後の体重が戻らない原因の一つが「骨盤のゆがみ」だってご存知ですか。妊娠・出産を経て女性の身体は大きく変化します。特に赤ちゃんを支える骨盤への負担かなり大きいです。このゆがみをそのままにしておくと、産後の体重増加や体型の変化、腰痛、婦人科系のトラブルなどを引き起こしてしいます。この時期に骨盤矯正をしておくことは、今まで抱えていた生理痛などのトラブルや体型に対する悩みも一気に解決出来る大チャンスです。妊娠中はホルモンの関係で骨盤が緩みやすくなっています。その力を借りて産後に骨盤を正しい場所に矯正を行うことが大切です。

産後の骨盤矯正はいつ行うのがいいのか

産後に骨盤矯正を行うことが美容や健康にいいと言われていることはご存知の方が多いかもしれません。妊娠・出産で大きな負担をかけた骨盤は、ホルモンの関係でゆがみやすくなっています。ただ、このホルモンのおかげで骨盤を正しい場所に戻しやすくもなっています。このホルモンの恩恵を受けられている間に矯正を行うことが大切です。このホルモンの恩恵に預かれるのが産後6ヵ月くらいまでと言われています。ただし、産後すぐに骨盤矯正を行うことは身体にとても負担となってしまうので、産後1ヵ月間は安静にしておくことが必要です。また、もうその時期が過ぎてしまった方も、産後1年くらいまでは十分間に合いますし、その後にやっても効果がないという訳ではありません。ただ産後2ヵ月から6ヵ月に行うのが一番効果的なので、間に合う方はこの時期に集中して骨盤矯正してみてはいかがでしょうか。