産後の骨盤矯正はしましょう。

産後は自分の体力もボロボロですし、赤ちゃんの世話に追われて自分の体を労っている暇はないかもしれません。でもやっておいたほうがいいことがあります。それが骨盤矯正です。これをやるのとやらないのとでは、後々に大きな影響を及ぼします。骨盤矯正をして骨盤を正しい位置に戻してあげることで、産後太りを防ぐことにもなります。産後はどうしても太りやすくなってしまいます。その原因は骨盤の歪みにあることが多いです。骨盤がゆがんでいるとお腹周りに脂肪がつきやすくなります。特に下っ腹がぽっこりと出てきます。一度ぽっこりお腹になると、中々元には戻りません。だから本当に気をつけたほうがいいです。他にも骨盤矯正を怠ると、体に異変が起きることがあります。友達はちゃんと骨盤を強制しなかったせいで、産後の体の痛みに悩まされています。

産後の骨盤矯正の必要性

産後の骨盤矯正は、十分しっかり行った方が良いでしょう。専用のベルトを購入したり、昔ながらの方式でさらしをしっかり巻いたり、その上からガードルもしっかり履いて、広がった骨盤をなるべく元に戻しましょう。赤ちゃんが産道を通って出て来る訳ですから広がってしまうのは当たり前なのですが、おしりを小さくするという事は、スタイル維持も大いに関係して来ますが、尿漏れを防いだり、老後腰を悪くさせないなどの、健康面にも大きく関わってくるからです。出産で骨盤がずれたままで過ごすと、腰痛を引き起こす可能性が大きいです。そうなると、最悪の場合は歩行が困難になるといたケースもある位です。また独身の時は信じられないかもしれませんが、くしゃみをしただけでも尿漏れが起こるというケースもあります。その理由は、分娩時に骨盤底に負担がかかり、ゆるんでしまうからです。骨盤矯正の必要性を感じてくれたでしょうか。

産後は骨盤矯正のチャンス

妊娠出産を経るとどんなに細身の方でも、Gパンが1サイズはアップすることがほとんどではないでしょうか。それ自体はちょっとしたショックではあるものの、赤ちゃんの可愛さに比べたら取るに足らない事かもしれませんし、産後の忙しさに紛れすぐ忘れてしまうかもしれません。でも、産後は骨盤矯正のチャンスと言われています。長い妊娠期、また出産によって骨盤は広がり、出産後は再び戻ろうとする力が働き始めます。この時に元々あった歪みも一緒に治せたら一石二鳥ですよね。骨盤ベルトや矯正用の椅子、下着など生活に取り入れられる商品も多数あります。また、歪みが治ったか自分で判断するのが不安だったり、より確かな効果を望む場合は骨盤矯正の施術を受けるという方法もあります。産後体調が整ってから受ける事になります。もちろん、洋服のサイズのためだけではなく、健康維持のために産後のケアは大事ですね。