産後の骨盤矯正の方法

産後に骨盤矯正を行いたいと考える人は多いはずです。その方法はいくつかあります。自分にあった方法で無理なく行う事が重要です。一番手軽に出来る方法は、骨盤矯正ベルトやリフォームインナーを着用する事です。適切な時期に着用しておくことで、体を締め付けて骨盤が元の位置に戻る事をサポートしてくれます。普段運動する事が難しい人にとっては、簡単な事で行えますので、続けやすい方法だと言えます。他にも、体操やヨガなどを行う方法があります。体操などは自分の筋肉を付けることで、骨盤が戻る力をサポートします。またヨガなどは体の歪みを戻す効果があり、産前や産後に人気があります。体操やヨガは教室に通って行っている人が多いです。自分で骨盤矯正を続ける自信がないけれども、体を動かしたいと考えている人に向いている方法だと言えます。

産後の骨盤矯正が必要な理由

産後は骨盤矯正を行う必要があると、マタニティ用の雑誌や子育て雑誌に書かれている事が多いです。その理由は、出産時には赤ちゃんが産道を通って生まれてきます。その為には、母親の骨盤は妊娠中にゆっくりと開いてきます。赤ちゃんが通過出来るまで開きますので、妊娠前と比べるとその位置は大きく違っています。そして、産後には4カ月程の時間を使ってゆっくりと戻っていきます。しかし、元の位置に戻りきらなかった場合は、元の体型に戻らないだけではなく、太りやすい体質になってしまったり、冷え体質になってむくみやすくなってしまう場合があります。また、腰痛に悩まされたり、ひどい時には歩行が辛いと感じる人もいるようです。その為、産後は骨盤が元の位置に戻るという事が非常に大切な事です。戻りやすいように矯正を行ってサポートする必要があります。

産後は骨盤矯正が大切です

産後は骨盤が歪んでいます。赤ちゃんが生まれてくるので、母体にかなりの負担がかかってしまうのも仕方がないことです。実際に子供を二人生んだ経験がありますが、出産後は鏡を見るだけで分かるぐらいに骨盤が歪んでいました。はっきりと形、骨盤の位置が変わっていたのでびっくりしたのを覚えています。そこで焦ったので、産後は骨盤を締めることに力を入れました。毎日毎日骨盤ベルトをつけて必死に締めました。二人目の時は真夏の出産だったので、骨盤ベルトをつけるのもきつかったです。暑さで蒸れて痒くなってしまいました。もう骨盤ベルトは付けたくないと何度も感じていました。でもここで諦めたら骨盤が開きっぱなしになると感じ、諦めずに骨盤を締め続けました。骨盤矯正を続けるとある程度は元に戻ってくれました。でもやはり産前のようには戻りませんでした。

その方の悩みにあった施術の提供により、一人一人の体に合わせたオーダーメイドのような矯正を行う事が、他社との違いです。 施術方法を紹介していますので、骨盤矯正の内容をご確認いただけます。 産後の骨盤の歪みを整えまする施術を行っております。 当サロンには、指導者養成・施術者養成コースがあります。 産後の骨盤矯正をしっかり治します「東京ボディセラピストサロン」 産後の体型のことでお困りでしたら、産後骨盤ダイエットを体験してみませんか?